2021年10月08日

エアコンユニット奥の「シュイーン音」問題


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
エアコンユニット異音問題
走行中にエンジンをふかすと時々「シュイーン」と言う異音が出るようになりました。
今回はその修理です。

ある時気が付きました。

走行中にアクセルを吹かしたりすると「シュイーン」という音がすることに。
音はどうもエアコンコントローラユニットの裏側から聞こえる。
ここ、前にエバポ交換したときにわかっているのですが、負圧回路があります。
フラップを動作するためのものですね。
どうもその負圧の音がしているような気がする。

実際に、エアコンコントロールユニットを外して中を見てみると、確かに負圧がかかった時に音がします。
(エアコンコントロールユニットの外し方は、こちらご参照ください。針金ハンガーツールで外します。)

海外の事例を調べてみました。
同じような現象を発見!
原因は負圧ユニットからのレバーを止めているものの破損です。

エアコンユニット異音
確かに、赤丸部分を見ると、外れているのがわかります。

エアコンユニット異音
プラスチックのピンでとめているだけなのですね。
これが劣化していたというわけです。
確かにもろくなっていました。弾性もなくなっていたし・・・・。

エアコンユニット異音
ピンを外した状態。

さすがにこのサイズのピンはすぐには見つかりませんので・・・

エアコンユニット異音
海外サイトに出ているのを参考に、タイラップで留めちゃいました。

いきなり結果になってますが、この狭い中、タイラップを通すのは至難の業です。
30分ほど奮闘しました。
本来は、余りを切るのですが、もう少し締められる可能性もありそうなので、しばらくそのままで様子を見ます。

エンジンをかけて実際にアクセル吹かしてみましたが、今のところシュイーン音はでなくなったような気がします。







にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 17:43 | Comment(0) | メンテナンス、修理:電装系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。