2020年02月18日

フューエルプレッシャーレギュレータの交換


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
フューエプレッシャーレギュレータ交換
始動が安定しないことがあるのでフューエルプレッシャーレギュレータを交換します。
部品調達しました。
いつものPelican Partsです。
今回必要となる部品は2つ

フューエプレッシャーレギュレータ交換

フューエプレッシャーレギュレータ交換
フューエルレールのバルブ。

フューエプレッシャーレギュレータ交換

フューエプレッシャーレギュレータ交換
もう一つがメインのレギュレータです。

この交換には燃圧を抜く必要があります。
フューズの26番を抜いて、しばらくエンジンを回します。(26番は燃料ポンプ。まぁ、エンジンかかることは無いですが)
その後、ブロワー類を外します。

フューエプレッシャーレギュレータ交換
まずはバルブの取り換えから。
この赤丸部分のカバーを外します。

フューエプレッシャーレギュレータ交換
この工具を使います。これ、タイヤの虫ゴム用のツールです。
場所が無いので、短いタイプを使います。


フューエプレッシャーレギュレータ交換
フューエプレッシャーレギュレータ交換
新旧比較。若干形が違うのですね・・・

さて、メインのレギュレータです。負圧パイプを外します。(若干負圧が残っている場合、抜きにくいかも。)
フューエプレッシャーレギュレータ交換
この赤丸部分でレギュレータは固定されています。これをラジオペンチなどで引っこ抜きます。

これで、レギュレータは抜けるのですが、このフューエルレールに対してマイナスドライバーでテコでこじ開けるのはNGです。
というのも、このフューエルレールの金属がすごく柔らかいからです。こじ開けると、間違いなく、つぶれます。
つぶれてしまったら、レールごと交換になっちゃいます。

向かって右に対して引っ張るわけですが、右側はインテークマニホールドがあるので、無理。
なので、レールを一度外すことにしました。
まずは、上の写真の緑丸を外します。(19mmと21mmだったかな?)
外すとガソリンが漏れてきますので、下にコップとか用意しておく必要あります。
(結構出てきました。500mlくらいでたかな??)

フューエプレッシャーレギュレータ交換
インジェクターを抜きます。まずは、
これ、6mmHEX2本だけで留まっています。
インジェクターのコネクタとかはずしてここまで持ってきて、ペンチ(配管用ペンチ)とかで引っこ抜きました。
(注:インジェクターを抜いた穴にものが落ちないように何かで塞いでおきます。)


フューエプレッシャーレギュレータ交換
新旧比較。
Oリング部分にリチウムグリスを塗って、はめ込みます。
あとは逆の作業。

964の場合は、相当交換は大変とのことですが、993の場合だと、楽勝な作業ですね。
注意点は、レギュレータ抜くときに、決してフューエルレール自体に無理を掛けないことです。

【今回使ったパーツなど】
・フューエルプレッシャーバルブ 993-110-217-00
・フューエルプレッシャーレギュレータ 993-110-199-82

【今回使った工具など】
・ソケット類 10mm、6mmHEX
・レンチ類 19mm、21mm
・虫ゴム外し 
・配管用ペンチ
・Oリング用リチウムグリス
・ペーパーウェス





にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 20:48 | Comment(0) | メンテナンス、修理:エンジン廻り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。