2018年07月10日

サスペンションO/H、ピロ化 その3 サブフレームマウント交換


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
サスペンションOH、ピロ化
マウント交換作業です。
さて、お次はリジットマウントへの交換作業です。

このマウント交換、M'sマシンワークスさんの話では車上でできるとのこと。
なので、その方法を試すことにします。

サスペンションOH、ピロ化
これがマウント。まずはこのネジ外します。
一つ外すくらいなら、問題はないです。
しかも、サスも全部取れていますので、テンションかかってないです。
アームもないので、フレームだけ残っている感じですね。

サスペンションOH、ピロ化
こじりだす・・・という話だったので、真ん中をこじっています。
(実は、これは間違いです 苦笑)

サスペンションOH、ピロ化
真ん中だけこじると、これだけしか出てきません。

サスペンションOH、ピロ化
抜かなきゃならないのは、周りのスリーブなんですね。

サスペンションOH、ピロ化

サスペンションOH、ピロ化
なので、そのスリーブの縁を狙い、で叩くのが正しいです。
隙間にラスペネかけます。

サスペンションOH、ピロ化
今回、エアーハンマーなるものを使いました。
こいつだと連続で叩いてくれるので、その振動で外れやすくなります。

サスペンションOH、ピロ化
これが抜いたスリーブ。これが正しい(笑)

サスペンションOH、ピロ化
スリーブは2分割なので、上半分まだ残っています。

サスペンションOH、ピロ化
これを外すには、サブフレーム全体を緩め、このように隙間を開けてあげます。

サスペンションOH、ピロ化
今回は、内側から叩きます。鏨だと傷つくので、釘締めみたいなヘッドに交換。

サスペンションOH、ピロ化
最後は隙間から外します。

サブフレームは左右がっちりとまっているので、全体を緩めないと動かないですね。

サスペンションOH、ピロ化
さて、外したところには新しいマウントをいれます。
これはリジットマウント

サスペンションOH、ピロ化
他も同様に作業します。
これはバールを使ってますね。
狙うべきスリーブの縁はこのあたりです。

サスペンションOH、ピロ化
外したところ。
溝があるので、そこを狙うとやりやすいでしょう。。

サスペンションOH、ピロ化
こちらが先ほど、話題に上がった釘締め的なヘッド。
これで内壁をできるだけ傷つけないように叩いていきます。

これですが、意外と緩いんですね。以前のロアアームスリーブ外したときよりは楽です。

サスペンションOH、ピロ化
新しいマウントがすんなりはまらないので、やすりで修正。
内側をきれいにします。

サスペンションOH、ピロ化
このマウントは特に固定しません。
そのままはめ込んでねじ止め。

サスペンションOH、ピロ化
ですが、左右均等になるように調整します。

サスペンションOH、ピロ化
手前にネジが入っている状態なのがわかると思います。
これはアームを止めていたネジ。
こうしている理由は、ボルト、ナットがわかるようにと、その方向性もわかるようにするためです。
これなら、無くすことないですからね。
これだけ大量に外すと何が何だか分からなくなるので・・・。

ちなみに、これは後日談ですが、このマウントでフレームは以前より若干前傾になります。
そのため、左のトー調整用アームのボルトが入りません!(例のヒートエクスチェンジャーによりひっかかる。)
なので、そのボルトを通すためだけに、再度このマウントを緩めています。


【今回利用した部品、工具など】
・ラスペネ
・レンチ、スパナ(18、19など)
・HEXレンチ
・コンプレッサー、エアーハンマー
・バール
・ドレメルツール
など






にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 09:20 | Comment(0) | メンテナンス、修理:足廻り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。