2016年05月08日

イグニッションコイルの交換


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
車検
イグニッションコイルを交換しました。
燃費も悪いというのもあったので、イグニッションコイルも替えることにしました。

Boschの製品です。いつものようにPelican Partsから購入。
イグニッションコイル交換
赤丸のところで車体に留めます。つまり、ナット2つはずせば取れるということです。

イグニッションコイル交換
イグニッションコイルのあり場所ですが、エンジンフードを開けて左の手前です。

まぁ、プラグコードがあるので、すぐにわかりますね。

バッテリーのマイナス端子を外しておきます。

イグニッションコイル交換
プラグコードを引き抜き、ゴムのカバーも取り外します。

端子部分もナットでとまっていますのでこれも外します。
わからなくならないように、マスキングテープなどを貼り付け、メモを書いておきます。

これからイグニッションコイルを止めているナットを取るのですが、落ちると厄介ですので
奥にウェスなどを押し込んでおきます。

イグニッションコイル交換
これが古いイグニッションコイル。


イグニッションコイル交換

取り付けは、取り外しの反対作業。

問題なくつきます。

さて、これでしばらく運転していましたが、燃費が戻ってきたような感じがします。
今まで街乗りで、100km当たり15Lとか指していたのですが、13L台に戻ってきました。

エアフロ清掃とかいろいろやってましたが、これが一番効果が出たようです。

【今回使った工具など】
・イグニッションコイル(新品) Bosch製品
・各種スパナ、レンチ (10mmあたりだったとおもいます。)
・ウェス、マスキングテープなど









にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス、修理:電装系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。