2015年05月06日

ファン、ファンシュラウド塗装


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
ファン塗装
カムチェーンカバーガスケット交換のついでにファンの塗装をしました

オルタネータを全部はずし、ファンシュラウドから取り外しまでは比較的簡単。

お次はファンオルタネータをバラすのですが・・・

以前は、コツコツとプラスチックハンマーで叩いたら、取れたのですが、今回は外れそうに無いです。

で、プーラーをちゃんと使おうとしたのですが、ファンの穴にはうまくはまらない・・・

というわけで、
ファン塗装
プーリをうまく使って、取り外しました!

要は、プーリを1枚使い、ボルトで留めます。
それに対して、プーラーのツメを引っ掛けるわけです。

プーリーが歪む危険性もありましたが、無事に問題なく取れました。

さて、ファンの塗り直しなのですが、元の塗装を剥がす必要があります。
ファン塗装
これを使います。

Holtsの塗装はがし液
こいつは強力です!
ちょっとゼリー状の液体を筆で塗ります。
10秒ほど経つと・・・塗装がふやけてきます。

ファン塗装
こんな感じにボロボロに。
塗膜がペロペロと面白いように剥がれます。
あとは、プラスチックのスクレイパーなどでそぎ落とせばOK。

ファン塗装
ヤスリで削ること無く、ここまで綺麗になります。

あとは、多少足付けをします。

塗装の前にマスキングをするのですが、ボルトを留める場所はちょっと形が入り組んでいます。
なので、マスキングテープではなく、

換気扇リパック
これを使います!

本来は、換気扇の汚れを防ぐものですが、マスキング用にも使えます。
色がついていないので、ちょっとわかりにくいですが。。。。
(前回は、塗料を少し入れてわかるようにしました。)

マスキングの後は、下地。
ファン塗装
ミッチャクロンを使います。

いろんな素材に対応できますので、便利だと思います。
しかも透明です。

今回は、より光沢のあるゴールドに仕上げたいので、
ファン塗装
染めQのメッキ感覚
こいつを選択してみました!

ですが、こいつは耐熱性ではないのですね。。。

ファン塗装

耐熱クリアーのラベン
というわけで、これを上塗りに使います。

ファン塗装
仕上がりはこんな感じ。
前よりも、光沢がました感じのゴールドです。
これだと、ホイール、ステッカーとほぼ同色かな?
良い感じです。

今回、ファンシュラウドもかなりくすんでいましたので、塗ることにしました。

ファン塗装
よく見ると、錆びています。
アルミ錆だと思います。

以前、ホイールを補修するときに買っておいた、アルミ復活洗浄剤、これを使いました。
ある程度これで綺麗にしてから、耐水ペーパーで磨き上げます。

ファン塗装
同じくミッチャクロンで下地を塗り、
MonotaROの耐熱塗料で仕上げます。
お安いです(^^

ファン塗装
こんな感じ。
サビはわからないですね。

ファン塗装
組み上げると、こんな感じ。
うつくし〜!!

ファン塗装
組み上げたところ。

エンジンルームの周りのプラスチック部品なども磨き上げました。
プラスチックの汚れ落としにはこいつが有効です。
シリコンオフ
塗装の前の脱脂には必須のアイテムですが、
実は、いろいろと使えます。
当然油汚れも落とせるわけです。
他には、シールはがしにも使えますね。
あまりここでは関係ないのですが、サーフボードのワックス落としにも最適です。
うちには複数個いつも転がっています。

後はプラスチック部品にはやはり・・
アーマーオール。これですね。
艶が出ます。

エンジンルームが相当綺麗になりました!

【今回使用したツールなど】
・プーラー
・換気扇リパック(マスキング用)
・マスキングテープ
・養生シート類
・ミッチャクロン
・染めQテクノロジー メッキ感覚
・LAVEN 耐熱クリアー
・耐熱黒スプレー(MONOTAROオリジナル)
・復活洗浄剤(アルミ用)
・耐水ペーパー
・HOLTS塗装剥がし液
・シリコンオフ
・アーマーオール
・筆
・紙コップ
など











にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック