2015年05月05日

カムチェーンカバーガスケットの交換 その7 クランクプーリの取り外し・・・失敗


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
カムチェーンカバーガスケットの交換
右側のカムチェーンカバーガスケットの交換のため、クランクプーリーを外そうとしましたが・・・

今回せっかくエンジンを半降ろししましたので、クランクプーリーも外そうと思います。

いろいろ試したのですが、相当なトルクがかかっているので、生半可なホルダーでは曲がってしまいます。

カムチェーンカバーガスケットの交換
結局、ストレイトツールでホルダーを買ってきました。

ただ、このままでは使えないので、カラー用にワッシャをかましています。

カムチェーンカバーガスケットの交換
鉄パイプで延長し。。。

カムチェーンカバーガスケットの交換
回していきますが、びくともしません。
この写真ではエクステンションを使っていますが、エクステンションはできるだけ使わないほうが良いです。
というのも、ねじれることで力が逃げてしまうから。

ハンマーで叩いたりもしましたが、これもダメ。
どうもやはり、ジャッキの上では力が逃げてしまうようです。
インパクトレンチがやはり必要かな?

カムチェーンカバーガスケットの交換
そうこうしているうちに19mmソケットがなんと割れました!
無理な力がかかってしまったからかな・・・。
インパクト用の方が良いと思います。

仕方ないので作戦変更。

エアコンステーを緩めて、少しでもクリアランスを作ります。

カムチェーンカバーガスケットの交換
まずは、このボルトを外します。

カムチェーンカバーガスケットの交換
あとは、周りのボルトを外していきます。

カムチェーンカバーガスケットの交換
実はダブルナットを使えば、スタッドが抜けます
そうすれば、クランクプーリーを外さなくとも、エアコンステーは抜ける・・・(はず)

ですが、この部分のボルトはスレッドロッカーを使っているせいとは思いますが、外れません。

ただ、下の2箇所は外れたので、少しクリアランスは取れそうです。

カムチェーンカバーガスケットの交換
ですが、結局この部分が邪魔。
エンジン遮熱板をはずしにかかります。
いずれにしろ、ブリッジ部分のOリングも交換しますので、外す必要はありますね。

カムチェーンカバーガスケットの交換
いきなり外した画面になっていますが、ここまでいくのに結構苦労しています。
というのも、ちょうどエアコンステー部分のスタッドボルトが抜けなかったから。
これが抜ければ、かなりのクリアランスがあるのですが、抜けないので、一苦労。

カムチェーンカバーガスケットの交換
カムチェーンカバーです。
やはりシーリング材が残っているせいか、溝は凸凹しています。

カムチェーンカバーガスケットの交換
新しいガスケットを当ててみたのですが、形状が異なります。
まぁ、押し込めということなのでしょう。

カムチェーンカバーガスケットの交換
押し込むと、一応、ちゃんと収まります。

カムチェーンカバーガスケットの交換
ブリッジの方も取り外してOリングを交換します。

カムチェーンカバーガスケットの交換
同じくオイルストーンで表面を綺麗にします。

後は、組み付けるのみ。

カムチェーンカバーガスケットの交換
ついでだったので、フューエルフィルターも交換。
これを外すには19mmスパナが2つ必要です。
(まぁ、一つはモンキーレンチでも大丈夫ですが。)

カムチェーンカバーガスケットの交換
どんどん戻していきます。

カムチェーンカバーガスケットの交換
エンジンハンガーからの隙間にM8ボルトを入れるのですが、落ちちゃうので、こんな感じでマスキングテープを使いボールポイントに固定しました。
外すのは簡単ですが、はめるほうが結構大変だったりします。

カムチェーンカバーガスケットの交換
新しいキャタライザーのガスケット
これですが、年式によって形状が異なりますので注意です
私のは正三角形的なのでした。(ホームベースみたいな形のもあります。)

カムチェーンカバーガスケットの交換
新しいボルトナットで組付。

後は、外したのと同じ手順で組み付けていきます。

当たり前?ですが、外したボルト、ナットはすべて余ること無く使いました。
#余ると困るのですよね・・・・(苦笑)

ただ、キャタライザーの遮熱板を留めるボルトですが、キャッチが壊れてしまったので、留められません。
これは、別途購入となります。
しかし、キャッチ、ボルト、ワッシャーで1,500円くらいします。高い!

ついでだったので、ブロアをチェックします。

カムチェーンカバーガスケットの交換
ブロアをばらすにはトルクスレンチが必要です。

カムチェーンカバーガスケットの交換
この奥にモータがあります。

カムチェーンカバーガスケットの交換
ちょっと回転が渋い感じがします。
ベアリング関連にグリースを塗布。

カムチェーンカバーガスケットの交換
これはブロアのコネクタです。
左手に持っているのが今回発見した部品。
コネクタの一部が落ちていたのですね。
これで無事にコネクタが組み付けられます。

なんとか無事に終了しました!

家の連中もアレほどまでにバラバラだったのが、綺麗に戻っていたので結構びっくりしていました。
まぁ、戻らないと困るんですけどね(笑)

これですが、最大の難関は
・クランクプーリー外し。
これが出来ない場合は、
・エアコンステーを緩める
のですが、これでも結構抜くのは苦労するかも。

でも、一つ一つ着実にやれば出来ない作業ではないですね。

エンジンを半降ろししたことで、全降ろしには何が必要かも若干わかりました。
要は、ボディとくっついているものを全部外すということですね。
まぁ、全降ろしの場合であればバンパーを外す必要は無いかも。
でも、きちんと抜き出すには、相当車体を上に上げておく必要はあるでしょうね。

【今回使ったツールなど】
・ラチェットレンチ
・10mm、17mm、19mmソケット
・19mmレンチ、17mmレンチ(フューエルフィルター交換)
・10mmラチェットレンチ
・モンキーレンチ(フューエルフィルター交換)
・6mmボールポイント。
・クランクプーリーホルダー(ストレイトツール)
・エクステンションバー
・鉄パイプ
・カムチェーンガスケット交換キット
・キャタライザガスケット
・キャタライザ関連ボルトナット
・液体シーリング
・スレッドロッカー
・その他外した時に使った工具すべて・・・













にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック