2013年09月07日

エバポレータの交換 その4 エバポレータ取外し


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
エアコン修理
エバポレータが取れました!さて、エアーボックスが引きぬけたので、お次はそれを分割します。

エアコン修理
周りに金属の留め金があります。これをマイナスドライバーではずしていきまs。
全部で20個所以上あると思います。

エアコン修理
上にある部品をはずします。
これをはずすにはトルクスレンチが必要です。

右下には何かのアクチュエータがあります。
このバーの先の向きをきちんと記録しておいた方が良いです。
蓋を割った時に、金属の四角棒が見えると思いますが、それとつながっています。
その四角棒がフラップを動かすようになっています。

エアコン修理
こんなところにも留めネジがあります。

上下をつないでいると思われるネジを全部はずします。
(結構たくさんあるので、ちゃんと保管しておきます。)

エアコン修理
最後、ファンの中に2つネジがあります。
これをはずします。

エアコン修理
途中、こんなのを発見してしまいました。

フラップのスポンジが劣化しています。
そういえば、時々、黒いひらひらしたものが落ちていました。
原因はこれですね・・・・。
後で補修することにします。

エアコン修理
これではずれるはずなのですが、何か引っかかってる・・・・

エアコン修理
良く見たら、コードタイラップで固定されていました。

切ります!

エアコン修理
無事に蓋が取れました!
エバポレータが見えますね。
結構汚れています。

エアコン修理
引き抜けば簡単に取れます。

エアコン修理
中も結構汚いですね。
右に見える金属の棒が先程行っていた四角棒です。

エアコン修理
掃除前

エアコン修理
掃除後

エアコン修理
さて、この劣化したスポンジですが・・・

エアコン修理
まずはフラップだけはずします。
こりゃ、貼りかえないとだめですね。
パーツクリーナで洗います。接着剤が残りますが、きれいにふき取ります。

エアコン修理
とりはずしたエバポレータ+エクスパンションバルブです。

エアコン修理
エキスパンションバルブをとります。
エキスパンションバルブは3mmのHEXでとまっています。
アーレンキーではなく、ラチェットレンチのソケットのを用意した方が安全です。

エアコン修理
こちらは新しいエバポレータ
さすがにきれいです。
白いのはカバーですね。
中にゴミが入らないように要注意。

エアコン修理
新しいエキスパンションバルブをはめてみました。
このトルクは確か9くらい?まぁ、手で締めれば充分だと思います。

ゴミが入らないようにマスキングテープを貼ります。

ですが、後で気がつくのですが、この状態ではエアーボックスには入りません!
なので、エクスパンションバルブをはめる前にエアーボックスエバポレータを納めます。


【今回使用した工具、部品など】
・スパナ、レンチ各種(3mmHEX 他)
・プラスドライバー、マイナスドライバー
・トルクスレンチ
・他



にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス、修理:電装系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック