2013年09月03日

エバポレータの交換 その1 ガソリンタンク降ろし


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
エアコン修理
まずはガソリンタンクを降ろします!
今回のエアコントラブルは、エバポレータからの漏れ。
この交換には、なんとガソリンタンクを降ろす必要があります。

まずは、ガソリンをできるだけ空にするため走りこみます(笑)

エアコン修理
まずはカーペットを取り外します。
真ん中のでかいのがガソリンタンクですね。

エアコン修理
まずはこれをはずします。ガソリン残量をはかるゲージです。

エアコン修理
で、ですが、なんとロールバーが邪魔して抜けません!
いきなり余計な作業が増えます・・・・。

エアコン修理
フロントをジャッキアップしてフロントホイール両輪ともはずします。
フューエルポンプをいじりますので、ジャッキアップは必要。
レシーバタンクを交換のためホイールをはずします。
レシーバタンクはフロント左ホイールの後ろにあります。)

両輪はずしたのは、ロールバーをはずすために、サスペンションの固定ボルトをはずすため。
少しでもネジへの負担を軽減するためです。

エアコン修理
燃料ゲージのタンクをはずすには、水道工事用のレンチを使います。
これは、間口が結構広がるので、こういうときには役に立ちますね。
これですね。一つあるといろいろ使えて便利です。

エアコン修理
燃料ゲージですが、良くサビているという話も聞きます。
ついでですので、チェック。
まったくサビはありません。きれいなものです(^^。

この燃料ゲージを抜いた穴からガソリンをできるだけ抜きます。
本来は燃料用のホースが必要ですが、ピンク色の耐油ホースで代用しました。
長時間使うわけでなければ良いそうです。

石油用ポンプとかを駆使(^^;

エアコン修理
さて、ガソリンタンクをはずしにかかります。
このボルトをはずします。

そうそう、今回はずす部品が多いので、はずした部品にはマスキングテープなどをはりつけ、メモを書いておきます。

エアコン修理
ガソリンタンクにバンド保護用のカバーがありますので、それをはずします。

さて、車の下にもぐります。
アンダーガードをはずします。

エアコン修理

エアコン修理
ついでだったので、ステアリングラックをチェック。
特に漏れなどないようです。

エアコン修理
さて、そのアンダーガードの先にすすみますと、フューエルポンプのカバーがあります。
左にある穴はエアコンとかからのドレイン口です。

このボルトをはずすとフューエルポンプが出てきます。
エアコン修理
丸印のボルトを緩めます。するとポンプが多少動きます。

エアコン修理
2か所はずします。
左をはずすには17mmと19mmのレンチが必要です。

エアコン修理
ガソリンを抜いてもここから1~2リットルくらい出てきますのでトレイを用意する必要があります。
あと、念のためゴーグルが必要。
ガソリンが目に入ると・・・・超痛いです。

次にポンプ側のバンドを緩め、はずします。ここからもさらにガソリンが出てきますので注意!

エアコン修理
さて、ガソリン給油口の方に行きます。こちらのバンドを緩めてホースを抜きます。

エアコン修理
実は、この裏にもう一つホースがあります。

エアコン修理
これをはずします。

これでガソリンタンクは外れます!

エアコン修理
引っ張り出しまして・・・

エアコン修理
すっきりしました!
ここまではずせば隔壁をはずすのは簡単そうです。

エアコン修理
ガソリンタンクはゴミがはいらないよう、蓋をして保管。
あと抜いたガソリンも風通しの良いところに保管します。

とにかく、ガソリン取り扱うので要注意ですね!

【今回使用した工具、部品など】
・スパナ、レンチ(8mm、10mm、13mm、17mm、19mm 他)
・プラスドライバー
・ウォータポンププライヤ
・ガソリン保管用の容器
・石油ポンプ
・耐油ホース
・他




にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス、修理:電装系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック