2011年08月25日

タイヤの空気入れ修理


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
付属のタイヤ空気入れの修理です!今回、写真撮り忘れました!

ポルシェのスペアタイヤは付属の空気入れで膨らませて使います。
なので、車載工具に電動空気入れがあります。

前回、アライメント調整の際にこの空気入れを使ったのですが、あまりにも長時間かけすぎて、モータが焼けてしまいました(泣)

買い直すのも高そうなので分解修理を試みています。

黒いプラスチックの箱に入っていますが、これは4本のネジで取れます。

これをとると、モータとポンプが出てきます。

構造はめちゃくちゃ単純です。

モータの分解は、上からネジ2本と、反対側ではかしめるかたちで蓋がされています。

とりあえず全部ばらしてみてみますと・・・・・

ブラシの部分のベースはプラスチックなのですが、それが溶けていました。
そのため、ブラシがうまく接触していなかったのが原因。

なので、少しブラシ位置を少し動かし、ブラシがうまく動くようにバネ部分にグリスアップ。

これで組み直すと、、、、、ちゃ〜んと動くようになりました。

断線は一切なかったんですね。

これで無事に使えるようになりました。

まぁ、結構直るものですね〜(苦笑)






にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 00:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス、修理:その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
あ!!
 これ 一度も 通電したこと無いです(笑)

 別に ハンディーコンプレッサー積んでますので..

一度 使ってみます〜〜
Posted by 三太9 at 2011年08月28日 00:04
三太9さん、どうもです!

いやぁ、これはどうみて応急用ですから(笑)
その証拠に長時間だめなんですよね。
今回、あまりにも長時間やってしまったので、イカれたわけです。

煙でてきましたもの。

要は熱でブラシのベースのプラスチックが溶けたのが原因です。
Posted by みのる at 2011年08月29日 03:05


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。