2011年07月12日

足回りの交換 その7 アライメント調整準備


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
アライメント調整の下準備です。

今回のアライメント基礎情報は以下のようになります。

車高 
フロント
144±10mm

リア
127±10mm

これはスポーツタイプの設定値です。



フロント・トー(トータル)
+5’±5’

フロント・キャンバー
−20’±10’

フロント・キャスター
5°+15’
  −30’

リア・トー(個別)
+10’±5’

リア・キャンバー
−1°±15’

リア・キネマティックトー
4.5~5 (これは今回使うゲージの値)

注意点は度数の表記方法ですね。
これ、○度○分表示です。

今回使うキャンバーゲージは度の小数点表記です。
なので分を60で割る必要があります。

トーについては両サイドの基準線からの距離で測りますので、長さになります。
これを角度に変換する必要があります。

ホイールを基準に考えます。
ホイール寸法を測ると496mmでした。

トー表記には二つあり、総合トーと個別トーがあります。
総合は二輪あわせてのトーになりますので、1つ当たり半分ですね。

基準線からの距離の差から角度を計算します。
これには三角関数を使います!


ここで計測方法とのかねあいが出てきます。

つまり、基準線から垂直にホイール縁距離を測るのか?それともホイール面から垂直に基準線までの距離を測るのか?です。

前者ではサイン、後者ではタンジェントになるのですが、わかりますか?

測定方法としては前者の方が楽そうなので、サイン方式となります。

で、あらかじめ計算しておいたのが下記。


タイヤホイールサイズ
496mm

フロント・トー
最小 0.0mm
最大 0.7mm

リア・トー
最小 0.7mm
最大 2.2mm

ホイールの前縁と後縁の基準線からの距離の相違をこの数値にあわせれば良いと言うことですね。

整理するとこんな感じかな?
 

キネマティックトーについては、特殊ゲージで4.5〜5となっています。
これはゲージによって異なります。


アライメントで重要なのが、左右の差をできるだけ小さくすることだそうです。

さて課題が調整順序です。

キャスター→キャンバー→トー という表記が出ていましたが、ポルシェのメンテナンスマニュアルを見ると
トー→キャンバー→キャスターの順番になっています。

確かにその順序の方がやりやすそうなので、こちらで行うこととにします。







にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス、修理:足廻り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。