2011年07月06日

足回りの交換 その5 ダストブーツ取付


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
サスペンションのダストブーツ取付
ダストブーツを取り付けました。買ったサスペンションですが、ダストブーツがありませんでした。

で、ショップに電話してみますと・・・・

「あ、確かについていましたね。ボロボロだったので外しています。」

話によると、無くても良いそうなのですが、結構汚れると言う話もありますし、
中に異物がはいり、シールを傷めると言う話も。

なので、ダストブーツをつけることにしました。

今回のサスペンションは結構太いです。
なので、使えそうなダストブーツはなかなかありません。

で、友達に教えてもらったのが、これ!
APEXのダストブーツです。

サスペンションのダストブーツ取付

これですね。

で、サスペンションを見ると・・・・

フロントサスのトップにはガス注入のバルブがあります!

普通はここが六角穴があいていて、それで押さえながら外すんですが・・・・

リアサスには六角穴はありますが、サイズが違います。
どうも5.5mmみたい。

またしてもショップに連絡すると。。

「インパクトレンチではずすことになりますね」

って、持ってないんですけど!(^^;

ふと、こないだタイヤを買ったショップ(ベアクロスさん)を思い出しました。

で、電話してみると・・・

「あ、いいですよ〜。」

さっそく、もちこみ!!

さすが道具です。一発でとれました!感謝!


で、話によるとインパクトドライバーでもできるとのこと。
それならうちにあります!


サスペンションのダストブーツ取付
無事にばらしたところ。

サスペンションのダストブーツ取付
少々長いので、カットします。

サスペンションのダストブーツ取付
まぁ、こんなもんかな?

サスペンションのダストブーツ取付
で、フロントのもう一つをばらしたのですが、

型が微妙に異なるのは知っていましたが、トップ形状がことなります。
つまり、外径が若干大きいんですね。

無理やりブーツ押し込みました(苦笑)


サスペンションのダストブーツ取付
こちらはリアサス。

正立タイプです。

こちらは正立タイプのブーツをはめました。


車高調のネジは放っておくと、錆とかで固着してしまうとのこと。

なのでこれもお友達紹介されたラストプルーフを使います。


 TEIN ラストプルーフ 1本

 TEIN ラストプルーフ 1本
価格:1,260円(税込、送料別)


これ、軟質膜を作るとあるようですが、実際にはヌルヌル状態のままです。
そもそも塩害とかも防ぐためのもののようなので、これで良いそうです。

ネジ部を中心にかけておきます。
確かにヌルヌル・・・・



サスペンションのダストブーツ取付
で、こんな感じ。

トップのナットはインパクトドライバーで締めました。

締めすぎると壊れちゃうので、様子を見ながら締めていきます。






にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | メンテナンス、修理:足廻り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
知らぬ間に・・、みんカラばっかチェックしていました。すでにスウェイバー、ロワアームとウレタンブッシュ交換もされていたんですね。
ブッシュは焼いて抜くなんて荒業が必要だったんですね。ウレタンで色が付くだけでいい感じ、インプレ楽しみです。
Posted by mmaasnn at 2011年07月11日 13:22
どうもです!
もう、くたくたです〜(苦笑)

なんとか作業終わりました。

ホントは試運転してからアライメント再調整なんですが、とりあえず終わりにしちゃいました(^^;

まだ試運転はしてません〜。
Posted by みのる at 2011年07月11日 21:58


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。