2011年05月27日

アイドルスタビバルブのクリーンアップ


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
ISV清掃
アイドリングが少々不安定だったんですね・・・・ハンチングって言うんですかね?

ウウ〜ン、ウウ〜ンって感じでした。

エンジン温まっても同じ状態。

そういえば徐々に悪くなってきたような気がする。

O2センサの疑いもありますが、「徐々に」というのが気になります。

となると、疑われるのがコイツ!

ISV清掃
ISV(Idle Stabiliser Valve)アイドリング安定バルブとでも言うのかな?

エンジンの上に鎮座しているコイツです。

さて、コイツをはずすには・・・
ISV清掃
このバンドをゆるめれば良いのですが、場所が場所です。

手前ははずせますが、奥は相当奥になります。

ISV清掃
まずは、バッテリーマイナスをはずしてから、コネクタをはずします。

(ちなみにバッテリーを10分以上はずすとコンピュータの学習メモリが消去されるようです。ですが、今回はISVを掃除しちゃいますので一度リセットをかけます。)


ISV清掃
こんなのを使ってみました。

このバンドのネジはプラスでもマイナスでもOKですが、今回は無理。
7mmのソケットでゆるめられます。

でも、奥まっているのでフレキシブルなエクステンションを使いました。
これは、そもそもインパクトドライバー用のものです。

(楽天でフレキシブルエクステンションを探す)

工具箱の奥底にあるものを引っ張り出してきました(^^;

これで奥にあるネジをゆるめます。

ISV清掃
手前はラチェット使ってゆるめました。
こちらは簡単ですね。


ISV清掃
はずすときですが、無理がかからないように、潤滑剤をかけてあげます。


ISV清掃
奥のゴムパイプをはずすのは結構たいへんかも。

スパナみたいなので押すと良いですね。

ISV清掃
で、ISVを右に押し込みながらずらしてはずします。


ISV清掃
このゴムははずして洗い、アーマオールかけておきます(^^


ISV清掃
さて、パーツクリーナをかけてみましたら・・・・

真っ黒!

これだけ汚れているとさすがに動き悪くなるでしょうね・・・。
よ〜く見ると、粉みたいなのも。

で、しばらく灯油につけ込みました。
コネクタは濡れないように注意です。

で、液がきれいになるまで何回も洗います。
あと、綿棒で細かいところも掃除します。

ISV清掃
ISV清掃
これだけきれいになりました!

振るとバルブが軽く動くのがわかります。
最初はこんな感じだったのでしょうね。


ISV清掃
さて、取り付けは反対の作業となります。

奥のバンドははずしやすいようにネジを反対側に向けました。
こうしておけば、右側からアクセスできます(^^

で、実はここからが大変!

まずはISVにはまっていたゴムをエンジンに取り付け、そこにISVを押し込むのですが、これが結構大変。

手前のゴムパイプははずした方が良いです。

あと、ここでも潤滑剤を使ってなるべく滑らせていきます。

奥のパイプをはめ直すのも一苦労でした・・・。

一回ゴムパイプを下に持っていき、ISVの端を押し込みながら・・・という感じです。
30分ほど奮闘(苦笑)

ISV清掃
なんとか奥のパイプがはまった状態です。

ここまで行けば後は簡単!

手前のパイプにゴムパイプをはめてバンドを締めていきます。


ISV清掃
で、完成!

早速エンジンをかけます。

メモリ消去していますので、イグニッションオンの後3分ほど待ってからエンジンをかけます。

気持ちよいくらいアイドリングが安定しました!



にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック