2011年02月03日

ドアハンドルベースの交換(運転席側)


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
ドアハンドルベースの交換
運転席側のドアハンドルベースも交換しました。前回、助手席の方のドアハンドルベースを交換しました。

こちらは完全に欠けてしまったので、交換。

ですが、運転席側もひび割れだらけです。
こういうのは一緒に交換した方が良いので、交換することにしました。


さすがに、一度体験していますので、今回手際は良いです(^^

無駄な動作が減りますね〜。

で、前回てこずったカバーはずし。
今回は、比較的スムーズにできました。

下側からはずしていくのがコツみたいですね。

ドアハンドルベースの交換
こういうカバーなんです。

右下の出っ張りや、親指の左にある出っ張りがひっかかり、取れないんですね。

これをうまくはずせばスムーズにはずせます。

ですが、一番やっかいなのが、ドアハンドルを留めているナットはずしです。

片側は見えているのですぐにはずせますが、もう一つが相当奥にあります。

いろいろやってみたのですが、下の写真の方法が最も良いですね。

ドアハンドルベースの交換
レンチにユニバーサルジョイントをつけて、さらにエクステンションをかませて・・・という感じです。

まぁ、そもそもそのためにここに穴があいていると思えば、確かに納得です(笑)

さて、次はなにやろうかなぁ・・・・

なんかフロントグラスがミシミシいっているようなきもするので、これかな?

足回りはまだ先でいいかなぁ?





にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス、修理:外装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック