2010年07月05日

タイロッドエンドブーツカバーの交換


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
タイロッドエンドブーツカバーの交換
タイロッドエンドブーツカバーを交換しました!先日リコンディションサービスを受けた際、タイロッドエンドブーツカバーの破れを指摘されました。

これですが、ブーツカバーだけの部品はないんですね。なので普通ですとAssy交換になっちゃいます。
たったこれだけのために全部交換とは・・・・高すぎます。

で、ブーツは国産代替品を使うことにします。

まずは、いつものようにジャッキアップから。

今回、ブーツは左右ともに交換します。なので、フロント両方とも上げることにしました。

右側は問題ないですが、こういうのは劣化ですから、いずれ右側も発生するからです。


タイロッドエンドブーツカバーの交換
しっかりとリジットラックをかけ、さらにタイヤをはずして放り込みます。

こういうのを怠ると事故につながるわけで・・・・

タイロッドエンドブーツカバーの交換
再度、ブーツの確認です。

裂け目があり、そこからグリスが漏れ出ています。(わかりますか?)


タイロッドエンドブーツカバーの交換
アンダーカバーもはずしました。

ついでにタイロッドラックもチェックです。

オイル漏れもなくきれいなものです。まずは一安心。
これ交換となるとすごく高いですから・・・・


タイロッドエンドブーツカバーの交換
とりあえず、タイロッドエンドの今の位置をマーキングします。
もしかしたら、緩めるかもしれないので。

これが済んだら、タイロッドエンドのナットをはずしにかかります。
タイロッドの軸をみると星型のいじり止めの穴が開いています。
つまりトルクスレンチが必要とのこと。

まぁ、なくてもはずせるとは思います。(あった方がBetter)

ナットですが・・・・

なんと18mmです。

18mmは普通ありませんね。KTCでもありません。
18mmのメガネは必須です。

これで緩めますが、完全には緩めません
タイロッドエンドが抜けてからはずします。

というのも下に書いてあるタイロッドエンドプーラーではずれた拍子にまわりにぶつかる可能性もあるからです。


タイロッドエンドブーツカバーの交換
さて、特殊工具です。
タイロッドエンドプーラーです。

後でも書きますが、なくても作業可能だと思います。


タイロッドエンドブーツカバーの交換
こんな感じでかませて緩める(締める?)わけです。

お気づきの方いると思いますが、993のタイロッドは普通の国産車とは異なり、上から下に差し込まれています。
ブログで調べると、国産車はたいてい逆。
しかも、ナットにピンがはいっています。

固着している可能性もあるのでラスペネを十分にかけ、プーラーをかけていきます。

他のブログなどをみると
「ガッキーン!!」とすごい音がして外れるというのですが・・・

あっけなくはずれました。

これだったらプラスチックハンマーとかで軽くたたくだけで取れそうです。


タイロッドエンドブーツカバーの交換
はずすとこんな感じです。


タイロッドエンドブーツカバーの交換
さて、ブーツをはずしたところです。
この写真は破けていない右側のブーツを撮影しています。

タイロッドエンドブーツカバーの交換


タイロッドエンドブーツカバーの交換
このブーツはこういう金具で留められていました。

左はバネになっています。右のはただの輪っか。

タイロッドエンドブーツカバーの交換
ブーツをはずしてタイロッドエンドをはめ込んでみたところです。

軸はテーパーになっています。
上の部分は溝になっており、そこにちょうどカバーがはまるようになっています。

この状態で測ると

大径:32mm − 小径:17mm
という感じですね。

この大径は溝部分を測ったもの。縁で測ると34mmです。


タイロッドエンドブーツカバーの交換
軸にテーパーがついているの、この写真の方がわかりますね。

この軸(ボルト)の先がトルクスレンチの穴になっています。

一応、この動きをチェックします。
特にガタもないので、このまま利用します。

タイロッドエンドブーツカバーの交換
さて、購入したブーツカバーと比較してみます。

結構購入したのは大きいですね・・・・。
まぁ、径であわせるとどうしてもそうなります。
仕方ないですけど(^^;


タイロッドエンドブーツカバーの交換
モリブデングリスをしっかり盛り、カバーをはめます。

タイロッドエンドブーツカバーの交換
あっさりはまったように見えますが、結構苦労しています。

細いマイナスドライバーなどをうまく使うと良いでしょう。

で、もともとついていたバネで留めようとしたのですが、どうやってもうまくはまりません。

仕方ないので、この方法は断念。
ステンレスの針金で縛ることにしました。

タイロッドエンドブーツカバーの交換
こういうのを購入。


タイロッドエンドブーツカバーの交換
で、しばるとこんな感じです。

この後、ナットを締めにかかります。

このナットロックナットです。本来は交換した方が良いのですが、まだ使えそうなので、そのまま利用します。

ネジの部分にグリスが残っていますので、パーツクリーナとかできれいにふき取ります。
で、ナットを留めます。
トルクですが、70N・mくらいですね。

しばらくこれで様子を見ようと思っています。

さて今回の修理ですが必要なものを総括しますと

・交換用ブーツ
・18mmメガネレンチ、ソケット(トルクレンチ使う場合)
・タイロッドエンドプーラー(なくてもできると思います。)
・トルクスレンチ (なくてもできるでしょう。)
・モリブデングリス。

今回ブーツは2セット買いました。
1セット余りましたので、ほしい方がいらっしゃいましたら、譲りますよ。
1個700円(セットで1400円、送料別)で売ります。

Assy交換に比べたら格安です!
ご興味ある方はご連絡ください。









にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 23:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | メンテナンス、修理:足廻り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
この辺りの部品(ゴム類)は、国産の方が耐久性があるみたですね。
やっぱり日本の気候に合っているのか?
Posted by 993 at 2010年07月07日 20:01
993さんどうもです!
う〜ん、どうなんでしょうね?
単に手に入るのが国産だった・・・というだけのことなのですが。

まぁ、日本製は品質は良いとは思います(^^
Posted by みのる at 2010年07月07日 22:50
こんばんは。

私の993もブーツ破れてました・・・。
交換の予行演習をしましたが、タイロッドが外れませんでした。(テーパー部の勘合は解けましたが、ダンパー下部に当たって抜けない)

やはり、タイロッドのナットを緩めてエンド部のみ取り外しが必要なのですか?
Posted by どじゅ at 2010年12月02日 20:43
どじゅさん、コメントありがとうございます!

ステアリングを回しみてください。
それではずれると思います。

つまり、前輪両輪とも上げておく必要があるということです。

そのおかげで私はタイロッドのナット緩めずに抜けました。(多少横にしたりはしていますが)
Posted by みのる at 2010年12月02日 21:43


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック