2010年06月02日

エアコンの断熱


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
エアコンの断熱
エアコンの断熱です!エアコンの効きはそう悪くないのですが、より効きをよくするために断熱をやってみることにしました。

まず、断熱材です。

これですが、普通ホームセンターで売っているような水道管用の断熱材ではダメです。

やはり熱に強いヤツでないと・・・・・。

で、いろいろ探して見つけたのが、エアコン用の断熱材です。

因幡電工の製品です。
耐熱パイプカバー PMEというヤツ。

これは、120度までの耐熱断熱カバーです。

ですが、これがなかなか普通のお店に売っていません。

まず、普通のホームセンターではダメ。ジョイフル本田に聞いたところ、最小ロットが50になってしまうとのこと。確かにホームページでもそう書いてあります。

さすがにそんなに本数はいりません!

で、いろいろ探してやっと見つけたのが、「スーパービバホーム
ただの「ビバホーム」じゃぁ、ないです。「スーパー」の方です。

うちの近場ですと、幕張にあるやつですね。豊洲にもあるようです。

ここでゲット!!

エアコンの断熱
PME-13-10です。長さは2m。値段は300円程度だったかな?
2本買っちゃいました。

エアコンの断熱
こんな感じにエンボスがあります。

これはパイプですので、実際の施工は切れ目を入れるわけです。

サイズですが、13mmか16mmどちらかとなります。

低圧配管の太さは16mmほどありそうです。

私は、確認せずに13mm用を買ってしまいましたので、これでやることにします。
まぁ、締めればOKでしょう(^^;


エアコンの断熱
他に必要なのがアルミガラスクロステープです。

(アルミガラスクロステープを売っているショップを探すなら、こちら

これは耐熱ですし、クロスがはいっているので丈夫です。

あとはタイラップ

要は断熱パイプに切れ目を入れ、エアコン配管をくるみ、切れ目をアルミガラスクロステープでとめ、タイラップで締めるという感じです。

さて、どこを断熱するかですが・・・・・。

本来はエンジンルームからですね。

ねらうのはエンジンルームファンの上、そして左側となります。

ですが、エンジンルームの左には配線用のボックスがあり、はずすの面倒なので他を断熱することにしました。(実際には3本のネジでふたが留まっていて、3本のネジでボックス本体が留まっています。なので、やればそう難しくないんですけどね・・・)

まぁ、そもそもエアコン効いていますので(^^;

エアコンコンプレッサーには2本の管があります。

どちらを断熱するかですが・・・低圧側です。

わかりやすくいえば、稼働させて冷たくなる方の管です。

太い方ですね。

今回、なぜかタイヤハウスはずしてサイドロッカーまではずしました。

こう考えると、配線ボックスはずした方が楽なんですが、なぜか私は長距離断熱をやりたくて、サイドロッカーをはずしたわけです。
(なんか変な理由ですけど・・・・苦笑)

エアコンの断熱
サイドロッカーをはずすには、当然、ジャッキアップしてタイヤをはずし、タイヤハウスの内張をはずし、さらにサイドロッカーをはずします。

こう書くとどうみても普通、こちらの方が面倒なはずなのですが・・・・(自分でも不明)

写真はサイドロッカーはずしたところです。

右の太い管が断熱する方です。

こうみてもわかると思いますが、コンプレッサーからエバポレータまで相当な距離があるんですね。

まぁ、長距離断熱できた方が良いだろう・・・・と、自分を納得させて、作業を進めます。


エアコンの断熱
断熱パイプに切れ目を入れ、こういう風に押し込みます。

隙間あまりないので、断熱材をつぶしながらグイグイと押し込むわけです。

今回13mm用の断熱パイプを使っていますので、当然ながら隙間が相当あきます。

この隙間を閉じながらアルミガラスクロステープで留めていきます。
相当力を入れながら絞って留めていきます。
できるだけ隙間のない方が良いでしょうね。

で、その上からタイラップでがっちりと留めるわけです。

エアコンの断熱
こんな感じに仕上がります。


エアコンの断熱
これは左後ろのタイヤハウス内ですが、

この配管もやった方が良さそうです。
手前に見える黒いリキッドタンクはネジで留まっているだけなので、はずして作業すれば断熱できそうです。
まぁ、今回時間もたっちゃったので、次に回すことにします。

様子を見て、まだ効きがいまいちだったら、この辺も施工する予定です。

今のところ、寒いくらいまでエアコン効きますので大丈夫そうですね。



にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
posted by みのる at 00:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | メンテナンス、修理:電装系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
普段見られない様な写真を見せていただいて、とても参考になります。
確かにミッドシップやリヤエンジン車はエアコン、パワステ、ターボならインタークーラー、
少し不利ですね。
Posted by 993 at 2010年06月02日 05:33
確かに配管がすごく長いので、不利ですね。複雑になればなるほど、それだけ不具合も増えるという物です。

まぁ、エアコン、パワステ無しが正しいのかも?(苦笑)
イギリスだとそれでまったくOKだったんですけどね。
日本の気候にあわせて作ってないですものね〜。
Posted by みのる at 2010年06月02日 21:08
参考になる情報ありがとうございます。

エアロのため作業着手が億劫になっていますが、今週末にでも着手して見るかなと思っています。

ちなみにうちのエアコンですが、実は効きは悪くないことが分かりました。

最初はあまり効きは良くないかなと思いきや、10分位すると寒いくらいに効きます。

この辺が改善されるイメージなのかなと勝手に思っています。

ではでは。
Posted by IDEHR at 2010年06月04日 07:45
IDEHRさんどうもです!

おや、エアコン効くんですね?良かったですね。だったらもしかしたらやらなくても済むかも。
私は単に話題作り的にやったところはありますので〜(^^;
Posted by みのる at 2010年06月04日 22:19


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック