2010年03月04日

カムカバーガスケット+プラグ交換(右下バンク)


にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ
カムカバーガスケット右下バンクの交換
続いて、右下バンクのカムカバーガスケット+プラグの交換です。右下はまだオイル漏れしていませんので、予備整備となります。

今回はプラグも交換するのでマフラーをはずす必要があります

最初「左下はマフラーはずす必要なかったのに、なんで右下ははずさないとできないの?」と不思議でした。

でも、実物見て納得。

つまり、水平対向6気筒ですが、当然気筒は左右ずれているわけです。
後ろから見て右側の気筒(4,5,6)の方が後ろに一段ずれています。
なので、ちょうどマフラーのところにプラグが来てしまうんですね。
そのため、マフラーはずさないと取り出せないと言うことです。

しかし、すばらしいメンテナンス性です(苦笑)

というわけで、マフラーはずしから。

ネジはサビサビです。固着している可能性もあります。

まずはラスペネをしっかりネジにかけます。

ラスペネをかける
この写真はマフラーカッターの裏側から撮った物です。

下がマフラーカッターを固定しているネジ。上がマフラーの固定ネジです。
ここにしっかりラスペネをかけました。(なので濡れています。)

マフラーカッターをはずす
マフラーカッターをはずしにかかります。
ラスペネのおかげで比較的楽にはずせました。

マフラーカッターをはずす
こんな感じになります。この真ん中に写っているのを開くとマフラーカッターがはずれます。
これですが、なんとか素手で広げました(^^;
(後で書きますが、スナップリングプライヤとかあると楽です。)

マフラーはずし 
お次はマフラーエグゾーストパイプをはずしにかかります。

マフラーはずし 
こちらも無事にネジ取れました。

同じく広げながらはずします。

マフラーのバンドをはずす 
次は、マフラーステーに固定しているベルトをはずします。
これは楽ですね。

これでマフラーははずれます。

ステーに引っかかった形になりますので、ちょっと持ち上げながらはずしていきます。

取り外したマフラー
で、はずしたのがこれです。
しばらく用はありませんので、その辺に転がっていてもらいます(笑)


マフラーネジ 
これがはずしたネジ。
真っ茶色にサビサビ状態です。

これは交換しないとダメですね。

(で、このボルト+ナット+ワッシャーの値段が3000円以上したわけです〜!!詳しくはこちら!)

プラグコードのひび割れ 
さて、マフラーをはずしプラグ交換をしていたついでにプラグコードのチェックをしました。

そうしたら、なんとヒビが入っていて芯線が見えちゃっています
右下バンクのこの場所のプラグコードは相当無理して曲がっています
なので、ヒビ割れしちゃうんでしょうね。

こりゃ、プラグコードも交換です。

1本だけでも交換可能ですが、手間は変わらないので、全部換えることにしました。
でも、全部で12本+2本あるんですよ・・・

仕事増えました(泣)


右下バンクのカムカバーをはずす
カムカバーをはずします。
こちらもはずしてもオイルは漏れてきませ〜ん。

 
こちらも左下バンクカムカバー同様にカラーもはずして洗浄します。

ガスケットも新しいのに入れ替え、はめていきます。ここは左下バンク作業と同じです。

 
こんな感じですね。

余談ですが、ここまでの作業で工具がこんな状態です(笑)
 
なんだかんだで、これだけ使っているんですね。

潜りながらの作業ですので、このようにマグレットトレイに入れておくとなくならずに便利です。

でないと、床下あちこちにばらけちゃうんですよ(^^;

さて、お次はエンジンルーム内の補機類のとりはずしです。





にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ

この記事へのコメント


コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック